太りたいのに太れない!

太りたいのに太れない!

太りたいのに太れないと悩む人は腸が弱い体質てある場合が多く、食事療法で強い腸に体質改善することが大切。

太りたいのに太れないのは、体質が原因?


世の中、なんとかして痩せたい、1キロでもいいから体重を減らしたい、と考えている人はとても多いのですが、その逆に「太りたいのに太れない」という悩みを持つ人も実は意外といるのです。

痩せたい側から見れば「たくさん食べれば簡単に太れるはず」なので、太れないなんて甘えてると思ってしまいますよね。

しかし、その簡単な「太る」ことができないのですから、事態は想像以上に深刻なものなのです。

太りたいのに太れない人に多い、過敏性腸症候群

特に体に異常なところは見あたらないのに、腹痛や腹部の不快感の症状がある場合、さらに便秘や下痢が続く場合は、過敏性腸症候群かもしれません。

過敏性腸症候群は腸の弱い人がかかりやすく、日本人に多い症状。常に腸の調子が悪く、下痢・軟便を繰り返し、すぐにトイレに行きたくなってしまうため長時間電車に乗ることもできなくなってしまう人も多いのです。

下痢や便秘を繰り返していると、体内への栄養吸収率も悪くなってしまいます。腸が弱いとどんなにたくさんの食べ物を摂取しても、体が栄養分を吸収せずに排出されてしまうため、太りたいのに太れない、という状態になってしまうのです。

過敏性腸症候群の人は、消化のよいものやできるだけ吸収率がよく、カロリーの高いものをたくさん摂取していかなければならないのですが、もともと働きの弱い腸ですから無理をして食べようとするとお腹をこわしてしまうこともあるので要注意です。

過敏性腸症候群は病気というよりは体質面のことなので、食事療法で体質改善をして、腸を強くしていくことが大切です。

太りたいのに太れない人は、腸を強くしよう!

太りたいのに太れないという人は、「腸の弱り」が原因であることがほとんどです。もともと腸が弱い体質の場合もありますが、ストレスや食事、生活習慣などによって腸が弱ってしまう場合も多いのです。

腸の働きが弱ってくると、食べたものの栄養を吸収できなくなり、未消化のものを体内に溜め込んでしまい、これが便秘につながります。

また、未消化のものが腸内で腐って腐敗ガスが溜まり、お腹のハリや痛みの症状が出てたり、腐敗物を早く体外に出そうと腸が過剰に動くことで下痢の症状となってしまうわけです。

腸が弱いと消化吸収力が低下するので、食べたものが身に付かず、太りたいのに太れない、というつらい事態に陥ってしまうのです。

まずは、弱った腸を強くすることがポイントですが、腸を強くするにはどうしたらよいのでしょう。

発酵食品を上手に摂取して、腸内環境を整える!

腸の働きが悪いために消化吸収がうまくできず、太りたいのに太れない人は、腸内環境を整える働きのある発酵食品を積極的に摂取したいもの。

ヨーグルト、納豆、漬け物、味噌など、毎日の食事に取り入れやすいものが多いので、食事メニューに1品、必ず発酵食品をプラスするようにしましょう。

また、納豆もそうですが、山芋、オクラ、モロヘイヤ、なめこ、もずく、めかぶなどの、粘り気のあるネバネバ食材も、胃腸を整えてくれる効果が期待できるのでこちらもおすすめ。

胃腸は冷やすと働きか弱まってしまうので、できれば熱を加えて温かくしたものを食べるのが理想です。

太りたいのに太れない人は、栄養面を見直してみよう。

毎日、たくさん食べているのに、まったく太れない。痩せたくて食事をコントロールしている人にとってはうらやましい限りですが、太りたくて真剣に悩んでいる人にとっては切実ですよね。

食べているのに太れない場合、たくさん食べていると思っていても、実は偏ったカロリー摂取になっていることが考えられます。

外食やコンビ二のお惣菜などは炭水化物と脂質に偏ったメニューになりがちで、カロリーは十分に摂取できても太るために必要な筋肉を作る栄養が不足してしまいます。

太るための体を作るのに必要不可欠なのは、筋肉の材料となるタンパク質。そして、消化酵素を摂取するための生野菜。この2つをしっかり摂取することが、太るためには必須なのです。

良質のタンパク質で理想の体づくり

太れない、太りたいと願う人も、お腹ぽっこりのおデブ体型になりたいわけでは決してありませんよね。太れないという悩みは、ただ体重が増えれば解決するということではなく、適度な筋肉と脂肪をつけて美しい体をつくることなのです。

筋肉をつくるために欠かせないのがタンパク質。タンパク質は肉類、魚類、牛乳、卵、豆類などに多く含まれていますが、これらの食品は、タンパク質だけでなく脂肪分も摂取してしまいますので食べ過ぎは要注意。

鶏のささみ肉やノンオイルのツナなどは脂肪を過剰にとることなくタンパク質だけを摂取できるので、効果的に筋肉をつけたい場合はおすすめです。

食事だけでは十分なタンパク質の摂取が難しい場合は、タンパク質の集まりであるホエイプロテインを利用するのもひとつの手段。

プロテインは食事にくらべて栄養の吸収スピードが2倍くらい速いので効率よく摂取できます。

 

方法はある!
カテゴリ
最新の投稿